地域密着・生活リハビリ型の通所介護

 
 

 平成18年に開設した介護保険指定の通常規模の通所介護施設です。朝夕、車でご自宅まで送迎いたします。看護師の健康チェックのもと、お風呂に入ったり、転倒予防のための機能訓練体操に参加したり、手芸をやったり、絵を描いたり、唱歌をみんなで歌ったり、思い思いすごしていただくことができます。蛍光灯の光ではない柔らかい間接照明と全面フローリングのデイルームには、いつも元気な笑い声が響いています。

 トップページ私たちのケアデイサービス響
 
 私たちが何より大切にしているものが、ご利用者様とのコミュニケーションです。お互いにしっかりと向き合い、ご利用者様の生活歴や障害などその方の「思い」や「こだわり」を理解することを心がけています。介助する側とされる側といった一方的な関係だけではない、互いに共感し、響きあうコミュニケーションが、和と輪を生み出します。デイサービス響は、この街で暮らす方々の小さなサロン。そんな響のデイルームには、笑顔があふれています。

 私たちのケアの一番の特長といえるのが、ご利用者様と一緒に楽しむことです。ランチタイムでは、職員もご利用者様と一緒に同じテーブルに座り、同じランチを食べます。トランプなどのカードゲーム、将棋や五目並べ、また編み物や読書などのレクリエーションも同じです。職員もその輪の中に入り楽しみます。ともに笑い、ともに楽しみ、悩むことが、響きのケアの基本です。

 

 檜づくりの浴槽。なんともいえない檜のいい香りが、入る方の心身を癒してくれます。響では、ゆっくりとお風呂を楽しんでもらえるよう、お一人ずつ入浴にご案内しています。また、ご利用者様の「恥ずかしい」という思いに配慮した同性による介助を行っています。もう一つ大きな特徴が、障害の程度にもよりますが、マヒのある方も入浴が可能だということです。機械浴に頼らない入浴は、ご利用者様の残っている身体機能を引き出すリハビリにもつながります。

 

 響の機能訓練体操は、生活リハビリ式の体操をベースに、スタッフ1人ひとりが工夫と改良を重ねてきたもの。無理なく、楽しく、適度に身体を動かすことができるアイデア機能訓練体操です。

 
9:30  

送迎車にて響に到着。サービス開始。

   
  朝の健康状態を看護師が確認いたします。
9:45  

午前のお風呂

   
  お一人ずつお風呂にご案内いたします。
10:15  

の体操・頭の体操

   
  スタッフと一緒になぞなぞ、漢字クイズなどに挑戦!
11:00   コーヒータイム
   
  コーヒーや紅茶などお好みのドリンクで一服。
12:00   ランチタイム
   
  響の昼食は、ご飯や味噌汁、おかずなどもそれぞれお椀に取り分けてお出ししています。普段の生活習慣を大切にするのが響のケアです。
13:00   午後のひととき
   
  横になられたり、ゲームを楽しまれたり、思い思いに過ごされています。
14:30   午後の体操
   
 

転倒予防効果のある機能訓練体操を行っています。輪投げや的当て、風船バレーなどの運動系レクで夢中になってもらいます。

15:30   おやつの時間
   
  運動の後のお茶とおやつは格別です。
16:00   お帰り前のお楽しみコーナー
   
  スタッフのトークを楽しんだり、昔懐かしい童謡や歌謡曲を歌ったりします。
16:30   お帰りの時間
   
 

送迎車にてお送りいたします。


私たちのケア
最新トピックス
デイサービス 響
グループホーム 響
居宅介護支援事業所 響
宅老所 ほっと生田
ケアへのこだわり
セミナー情報
こんな時、相談を
採用情報
会社概要
パンフレット
ひびき通信
スタッフ日記
介護のつぶやき
日本ケア創造株式会社 〒214-0039 神奈川県川崎市多摩区栗谷4-6-13 電話:044-955-1711
リンク サイトマップ 利用規約 個人情報 お問い合わせ
Copyright © 2011 Japan Care Create All Right Researved