運営母体・日本ケア創造株式会社の紹介

 日本ケア創造株式会社は、平成17年に多摩区栗谷の地に誕生しました。その日本ケア創造株式会社が運営する介護現場が、在宅サポートセンター生田です。デイサービス、グループホーム、居宅介護支援、そして介護保険外事業の宅老所と4つの介護サービスを展開しています。   
 トップページ会社概要
岸忠宏社長
 日本ケア創造株式会社の事業理念は、「生活を文字通り生き活きさせるケアを提供する」ことです。私たちは「普通の生活」の中にこそ、高齢者をはじめ、障害を持った方々を「生き活き」とさせるベースがあると考えます。そこから生まれたのが「生活リハビリ」という理論とケア技術です。在宅サポートセンター生田は、まさに「生活リハビリ」の臨床と実践の場でもあるのです。
 地域には、高齢のため足腰の弱った方や、病気のため何らかの障害を持った方が暮らしています。こうした方々の「住み慣れたこの地域で暮らし続けたい」という思いに対して、これまでも、そしてこれからも「在宅サポートセンター生田」という地域拠点を通して支援していきたいと考えています。
 生田の地に生まれた小さな企業ではありますが、「日本ケア創造」という大きな旗印をこれからもしっかりと掲げていきたいと思います。どうぞみなさまのご理解とご支援をお願いいたします。
◇設立 平成17年11月
◇資本金 25,000千円
◇代表者 代表取締役 岸 忠宏
◇事業 在宅サポートセンター生田の運営
  ○デイサービス響=定員26名、通常規模型通所介護
  ○グループホーム響―1ユニット9名入所、認知症共同生活介護
 

○居宅介護支援事業所「響」=ケアマネ3名在籍

  ○宅老所「ほっと生田」=個室2部屋常設
◇住所 川崎市多摩区栗谷4-6-13
◇関連企業 生活とリハビリ研究所、リハビリデザイン研究所

 ヘルパー2級をはじめ介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員といった資格取得目指す職員に対しては、勤務日やシフトの調整などを優遇しています。

 介護職として入社したスタッフは、常勤・非常勤の区別なく、入社時期やキャリアに応じて、入社時研修、介護基礎研修、OJT研修を実施。経験やキャリアに応じて成長をバックアップします。

 在宅サポートセンター生田では、非常勤職員から常勤職員への登用もあります。また常勤職員(介護職をはじめ、看護職、ケアマネ職)については、初級、中級、上級(現場リーダー)といったキャリアアップの機会を設定しています。またデイサービスやグループホーム、居宅といった各部門の管理者、法人全体の経営を統括する管理職への登用制度もあります。


私たちのケア
最新トピックス
デイサービス
グループホーム 響
居宅介護支援事業所 響
宅老所 ほっと生田
ケアへのこだわり
セミナー情報
こんな時、相談を
採用情報
会社概要
パンフレット
ひびき通信
スタッフ日記
介護のつぶやき
日本ケア創造株式会社 〒214-0039 神奈川県川崎市多摩区栗谷4-6-13 電話:044-955-1711
リンク サイトマップ 利用規約 個人情報 お問い合わせ
Copyright © 2011 Japan Care Create All Right Researved