高齢者が元気になる介護とは

デイサービス響はこの街で暮らす方々の小さなサロン。デイルームには会話と笑顔がいっぱいです・・・続きを読む≫   グループホーム響は、この街で暮らす人のもう一つの我が家。のんびり、ゆったり快適な暮らしをサポート・・・続きを読む≫   介護保険制度について知りたい、サービスを受けたいけどどうしたらいい?・・・続きを読む≫   要介護認定を受けていない方でも利用することができる介護保険外の宿泊サービスです・・・続きを読む≫
 トップページ私たちのケア
センター長の
平田晶子です。
 介護が必要となっても、住み慣れた自宅や地域に住み続けたい。こう思うのは高齢の方々の本音ではないでしょうか。私たち在宅サポートセンター生田は、こうした介護や療養が必要な方々に、複合的な介護サービスを提供する拠点として誕生しました。
 在宅での日常生活を支援するデイサービス。自宅に代わる安心できる我が家となるグループホーム、また最適なケアプランを提供する居宅介護支援、さらに緊急時の宿泊を支援する宅老所といった4つのサービス・機能を展開する在宅サポートセンター生田を通して、高齢者の「生活」を、文字通り「生き活き」させることが、私たちのめざす介護です。
 介護の現場には、ご利用者様同士のなじみの関係、スタッフとご利用者様との関係、ご利用者様と設備の相性など、さまざまな“関係”や“相性”があります。その一つひとつの関係がしっかりと「響きあう」ようにかかわるのが、私たちの介護士の役割だと考えています。そのことが、ご利用者様の「楽しい」という思いや、生活への「意欲」、さらに、本来持っているからだの「機能」を引きだすことにつながります。デイサービス「響」。グループホーム「響」、居宅介護支援事業所「響」。「ひびき」という名前には、私たちの介護への強い思いが込められています。
  「食事」「睡眠」「排泄」「入浴」。これらは普通の生活を送るうえで基本となる行為でもあります。私たちは、あくまで普通の生活行為を引き出す、という視点から介助いたします。ご利用者様の本来もっている意欲や機能を引き出すことで、「おいしく食べる」、「ぐっすり眠る」、「すっきり排泄する」、「気持ちよくお風呂に入る」をサポートする、これが「生活リハビリ」の極意です。
 「立つ」「座る」「移動する」といった行為は、私たちの生活の中で当たり前の行為です。ご利用者様の中には、足腰が弱くなった方や、脳卒中などの後遺症で車いすを利用されている方もおられます。こうした方々に、当たり前の「立つ」「座る」「移動する」といった生活行為を引き出すために、まず「お風呂に入りたい」「水を飲みたい」「ゲームに参加したい」といった意欲を持っていただけるようアプローチします。その上で、動作の中にある生理学的な動きを引き出すよう介助しています。身体の動きを考えた介助法は、ご利用者の「自分で立つ」「自分で座る」といった意欲と機能も引き出します。
 ご利用者様が椅子に座ったときの姿勢が、介護をスタートする上でとても重要になります。具体的には、イスに座ったときに膝の角度が90度となること。食事のときに適度な前傾姿勢が取れること。ご利用者様1人ひとりの身体に合ったイスに座ってもらうことから、私たちの介護はスタートします。
 デイサービス「響」には檜の浴槽が、またグループホーム「響」には陶器の浴槽があります。温泉のような雰囲気がありますが、どちらもリフト式などの機械は設置されていません。でも脳卒中などで片マヒとなった方々が、ゆったり、のんびりとお風呂に入っています。その介助の基本となるのが、本来、ご利用者様がもっている身体機能を引き出す、という視点と技術です。残っている機能を存分に活かす介助。そして、「立つ」「座る」といった基本的な生活行為を引き出し、活かしていく介助。普通にお風呂に入ることが、何よりもご利用者様の「リハビリ」につながります。
 デイサービス響とグループホーム響では、プログラムの中に遊びを取り入れたレクリエーションの時間を設けています。風船バレーや玉入れ、ボーリングなど様々な“競技”が行われます。初めのうちは「子どもっぽい」と参加をしぶっていた方も、いつの間にかレクの輪に入り、夢中で風船を追いけたりしています。夢中になったときのご利用者様の表情は、驚くほど「生き活き」です。遊びを通して「夢中」になってもらうこと。夢中になる楽しさが、自然と心を弾ませます。心が動けば身体も動きます。

私たちのケア
最新トピックス
デイサービス 響
グループホーム響
居宅介護支援事業所響
宅老所 ほっと生田
ケアへのこだわり
セミナー情報
こんな時、相談を
採用情報
会社概要
パンフレット
ひびき通信
スタッフ日記
介護のつぶやき
日本ケア創造株式会社 〒214-0039 神奈川県川崎市多摩区栗谷4-6-13 電話:044-955-1711
リンク サイトマップ 利用規約 個人情報 お問い合わせ
Copyright © 2011 Japan Care Create All Right Researved